沖縄でシステムやネットワーク構築や保守のコンサルならお任せ下さい。オープンソースからセキュリティ、シンクライアントやvmwareやwifi構築など技術力の自信があります。

公衆wifiを利用する時の注意点

  • HOME »
  • 公衆wifiを利用する時の注意点

公衆wifiを利用する時の注意点

データベース

喫茶店やレストラン、その他様々な場所で最近よく見かけるようになったのが、wifiスポットです。
無線LANの役割を果たし、インターネットへの回線速度も早くなります。
スマートフォンやタブレットをビジネスシーンで利用する事が多くなった現代では、このwifiスポットが非常に役立っています。
しかし、wifiは便利なだけではありません。特に喫茶店などで使われる公衆wifiには、様々な危険性があります。

公衆wifiの危険性

・通信中に内容が閲覧される

同じwifi圏内にいる場合、閲覧中の情報が他の端末から盗み見られる危険性があります。
特に暗号化されていないフリーのものは、誰にでも簡単に通信内容が見られてしまいます。
社内の重要な情報が盗まれると一大事になってしまいます。

・端末にアクセスされる

wifiに接続する事により、端末の中身が閲覧されます。
中には個人情報を盗む悪質なアプリも存在します。端末のセキュリティを行っていないと、個人情報が簡単に流出してしまうのです。
IDやパスワードが知られてしまうと、アドレス帳や住所、データフォルダなどの大切なデータがコピーされてしまうこともあります。

wifiを利用する時の注意点

wifiの危険性を回避するためには、以下の点に気を付けましょう。

・知らないwifiに接続しない

wifiに接続する場合、wifi上での画面共有やインターネット共有が自動でなされてしまう場合があります。
社内にwifiを設置している際にはとても便利ですが、オフィス外では情報流出の原因になってしまいます。
外で端末を使用する際には、共有をオフにしておきましょう。

・自動接続をオフにしておく

サーバー

iPhoneなどは近くにwifiがあると自動接続する設定ができます。
自動接続がオンになっていると、野良wifiや公衆wifiに勝手に接続されてしまいます。
セキュリティの有無も選ぶ事ができません。外出の際には、自動接続をオフにしておくと安心です。

 

公衆wifiの危険性を述べてきましたが、社内でwifiを活用すると非常に便利であることは確実です。
当社は、沖縄県北部でwifi構築をしております。
北部限定のデータの保守やウイルス調査、メンテナンスサービスを行っております。地域を限定しているため、急なトラブルにも迅速に対応することが可能です。
通信環境のコンサルティングもお任せ下さい。

Copyright © Trust Communication Inc. All Rights Reserved.