沖縄でシステムやネットワーク構築や保守のコンサルならお任せ下さい。オープンソースからセキュリティ、シンクライアントやvmwareやwifi構築など技術力の自信があります。

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違い

  • HOME »
  • ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違い

グローバル化が進む現代では、ネットワークを利用して様々なシーンで活用されていると思います。そんなネットワークを快適にご利用できるように作り出すのが、ネットワークエンジニアとシステムエンジニアです。
しかし、ネットワークエンジニアとシステムエンジニアの違いとはどの様なものかご存知でしょうか?

【ネットワークエンジニア】

ネットワークエンジニア

スイッチやルーターと呼ばれるciscoの専用機器を用いてコンピューター同士が、円滑に情報のやり取りをすることができる環境づくりの専門家であり、ネットワークのスペシャリストでもあります。

ネットワークのシステムを作り上げる作業には、大きく分けて4つあります。
・ネットワーク構築システムの理論情報を確立する(設計)
・ネットワークの専用機器の環境設定を行う(構築)
・システムの一部の変更や増設を行う(運用)
・機器に何らかの障害が発生した場合に、正常機器への取り替えなどを行う(保守)

【システムエンジニア】

ネットワーク構築とは違い、個々のコンピューター上で使用することができるソフトウェアの企画、設計、開発などを手掛ける技術者のことです。
簡単に言うとシステムエンジニアは、プログラミング言語を用いてコンピュータシステムを組み上げる人のことです。

システムエンジニア

ビジネスシーンに今や欠かすことのできない存在となっているコンピューターシステムですが、そのシステムを実際に導入していても、あまり意識せずに使用している人も多いと思います。しかし、意識してみるとあらゆる所で様々なコンピューターシステムが使用されているのです。幅広い知識と経験、実績からシステム生み出し、あらゆる職業で使用されているのですから、グローバル社会の現代ではとても重要な仕事のひとつだと思います。

 

沖縄県の北部にある当社では、インフラ構築を行っています。ネットワーク構築はもちろんのこと、セキュリティ、バックアップ、企画・コンサルティング、ソフトウェアの選定や調達なども幅広く行っておりますので、ぜひご利用ください。

Copyright © Trust Communication Inc. All Rights Reserved.