沖縄でシステムやネットワーク構築や保守のコンサルならお任せ下さい。オープンソースからセキュリティ、シンクライアントやvmwareやwifi構築など技術力の自信があります。

コンピュータ運用保守の必要性

  • HOME »
  • コンピュータ運用保守の必要性

コンピュータ運用保守の必要性

データベース

企業でお使いのコンピュータシステムが停止してしまったらどうなると思いますか。
まず、これまでの情報を確認することができないので、日常業務に支障をきたすことになります。
そのような状態になると、企業の存続にも関わってくる大きな問題に発展するかもしれません。

また、システムは毎日24時間稼働し続けているので、万が一のことがあった場合は大きなダメージを受けることになります。
今後も、安心してお客さまにご利用いただくためにも、システムの運用・保守サービスは徹底的に行う必要があります。

運用・保守の違いについて

サーバー

「運用」は、日々システムを動かすことがメインで、変更作業などは行いません。
本体やアプリケーションの起動、バックアップ作成、入力・出力作業を中心に取り組んでいます。
その一方で「保守」は、運用とは別の業務内容になっており、システムの改善や変更作業を行っています。
プログラムやシステムになんらかの障害が発生した時に、その原因を追求して修正を行う作業になります。

運用・保守の取り組みについて

・操作手順の説明

基本的な操作方法を指導致しますので、万が一分からないことがあった場合はお気軽にお問い合わせください。

・故障対応

故障した場合でも機材をお預かりし、メーカーに修理手配や再設定、取り付け依頼を行っています。
また、ハードウェアの故障により、不具合が出た際の対処依頼なども受けています。

・定期報告

システムの状況を定期的に報告することで、利用者も内容について把握できます。

・ドキュメント更新

故障した場合でも機材をお預かりし、メーカーに修理手配や再設定、取り付け依頼を行っています。
また、ハードウェアの故障により、不具合が出た際の対処依頼なども受けています。

 

当社では、コンピュータシステムを障害から守るべく、万全な運用体制と保守サービスに取り組んでいます。
万が一、突発的な障害や問題が起きた時は、専門スタッフがすぐ対応できるように致しますので、安心してご利用いただけると思います。
その他にも、システム構築や通信環境コンサルティングのご依頼も引き受けております。
沖縄県の北部地域を中心に事業を行っておりますので、ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

Copyright © Trust Communication Inc. All Rights Reserved.