沖縄でシステムやネットワーク構築や保守のコンサルならお任せ下さい。オープンソースからセキュリティ、シンクライアントやvmwareやwifi構築など技術力の自信があります。

コンピューターウイルスについて

  • HOME »
  • コンピューターウイルスについて

仕事やプライベートではパソコンなどでインターネットを使用する機会は多々あると思いますが、コンピューターウイルス対策はなさっているでしょうか。
コンピューターウイルスには多くの種類があり、感染経路や感染後の行動によって分けられます。

【コンピューターウイルスの種類】

コンピューターウイルスについて

・トロイの木馬
便利なソフトと騙されて実行すると情報が盗まれたり、システムを変更される破壊目的ではない不正プログラムです。
ギリシア神話のトロイア戦争の伝説に登場するトロイの木馬になぞられてこの名前がつけられました。

・ワーム
感染したコンピューターからワームプログラム付きのメールを自動的に送信する機能があり、多くのコンピューターに感染してしまう不正プログラムです。

・スパイウェア
コンピューターの持ち主の個人情報や行動などを収集し、作成元である企業や団体、個人に自動的に送信するソフトウェアです。

・クラッカー
ウイルスとは違いますが、他のコンピューターのデータやプログラムをクラッキングする人のことをクラッカーと呼びます。ハッカーと呼ぶ方もいますが、悪意を持っている人をクラッカーと言います。

近年、自己増殖機能がない悪意のあるソフトウェアやコートであるマルウェアのこともコンピューターウイルスとして認知されるようになっています。これらによって会社の情報が漏れたりすると会社の信頼も落ち、倒産ということになる恐れもあります。

【遠隔操作ウイルス事件】

WEBサイトの脆弱性と犯人自らが作成したトロイの木馬「iesys.exe」を使用して他者のコンピューターを遠隔操作し、襲撃や殺人などの予告を行った事件です。

 

コンピューターウイルスについて

このように犯罪に巻き込まれることもあるので、ウイルス対策や脆弱性対策などを行っていた方が良いと思います。
沖縄にある当社ではネットワーク保守サービスによるウイルス対策と脆弱性対策をはじめ、仮想PC型シンクライアントサービスをご利用するためのvmware構築などのソリューションやサービス、リソースを沖縄県北部地域中心にご提供しております。

セキュリティ強化やネットワーク保守をお考えの沖縄の企業様は当社をご利用ください。ネットワーク保守はお客様のニーズに合わせて柔軟に対応致します。

Copyright © Trust Communication Inc. All Rights Reserved.